除毛・脱毛クリームのパッチテストのやり方は?

除毛・脱毛クリームの特長

脱毛助手
まずは簡単に除毛・脱毛クリームの特長をご説明しましょう。

● どんな方法でムダ毛をなくすの?

除毛・脱毛クリームは、肌表面の毛を溶かす事でムダ毛を処理する除毛・脱毛方法です。

脱毛助手
除毛・脱毛の有効成分は商品によってそれぞれですが、チオグリコール酸カルシウムが多くの商品に使用されています。

チオグリコール酸カルシウムとは

アルカリ性の成分なので、弱酸性のムダ毛に作用し分解する」

という働きがあります。

脱毛助手
ただし肌も弱酸性ですので、効果が強すぎたり、肌に合わない場合トラブルを起こす可能性もゼロではありません。

● 肌ケア成分は配合されている?

脱毛先生
ムダ毛の処理=毛を溶かすという事

● ムダ毛
● 肌

これらは同じ性質であるため、少なからず影響がある場合があります。

脱毛先生
ですので、除毛・脱毛後の肌をしっかりケアする事はとても重要です。
脱毛助手
除毛・脱毛クリームを選ぶ際には、保湿成分や肌ケア成分がしっかり配合されている物を選ぶことも大切です。

特に市販商品の多くは価格を抑えている分、そうした肌への成分量が少ない事があります。

脱毛助手
そうなると、赤みや痒み・痛みと言った肌トラブルを起こす可能性が高いので注意が必要です。

こんな時は使用しないで!

また、こういった状態の肌には絶対に使用してはいけません。

● 既に肌にトラブルが起きている場合
● 生理・体調がすぐれない場合
● 日焼け後

これらの状態で除毛・脱毛クリームを使用すると、肌のトラブルが余計悪化してしまったり、他のトラブルを起こす可能性があります。

脱毛先生
肌が敏感になっている時は、絶対に除毛・脱毛クリームを使用しないで下さいね。

パッチテストとは?

脱毛助手
ではパッチテストについてご説明しましょう。

パッチテストとは

「自宅で・自分で簡単に行うことができる、アレルギーの有無を確認するテスト」の事です。

脱毛先生
自宅で簡単に行う事ができるので、必ず行いましょう。

なぜパッチテストを行うの?

脱毛助手
ではなぜ、そもそもパッチテストを行わなければならないのでしょうか?

● 肌が弱い方
● 敏感肌の方
● 成分が合わない方

と言った方は特に、簡単にトラブルを避ける事ができます。

脱毛助手
普段からトラブルを起こしたことのない方でもパッチテストで、肌に合わない成分を知る事ができるので必ず行いましょう。

また、除毛・脱毛クリームに使用されている成分によっては、肌に合わない事もあります。

脱毛先生
私も肌が弱い方ではありませんが、市販商品のいくつかを体験した際、赤みやヒリヒリした感覚が出た事があるので、必要性をかなり感じます。

除毛・脱毛クリームは、

● 腕・足
● 脇
● 背中

と言った広い範囲に使用することが多いです。

脱毛先生
その際、パッチテストを行わずに商品を試してしまうと、広い範囲にトラブルが出てしまいます。
脱毛先生
そういった事を避けるためにも、パッチテストは必要なのです。

パッチテストのやり方

脱毛先生
ではパッチテストのやり方をご紹介しましょう。

1.10円玉程度クリームを出す

2.二の腕の内側にクリームを塗る

3.商品に記載されている時間待つ

(およそ除毛・脱毛が完了するまでの5~10分)

4.水かぬるま湯で洗い流す

5.24~48時間様子を見る

たったこれだけです。

このクリームを塗った時点で、ヒリヒリしたり痛みを感じた場合は、3に移らず、すぐに洗い流します。

脱毛助手
5で赤みや痒みなどの違和感を感じた場合も、すぐに使用を中止し、皮膚科医に相談しましょう。

これらの流れでトラブルを起こさなかった場合にのみ、除毛・脱毛クリームを体験しましょう。

まとめ

今回「除毛・脱毛クリームのパッチテストのやり方は?」についてご紹介しましたが、パッチテストは肌トラブルを起こさないためにはとても重要になります。

脱毛先生
そのため、初めての商品を使用する際はできるだけするようにした方がいいと思います。
1127

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする