【体験談】ブラジリアンワックスで脱毛する際、副作用や痛みは?

ブラジリアンワックスについて

ブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックスとは、ワックスを脱毛したい箇所につけて一気に剥がし、ワックスの粘着力で脱毛する方法になります。成分としてもはちみつ、水あめで作られているため肌に負担が少ないものを使用しています。

除毛クリームやカミソリとの違い

脱毛先生
ちなみに除毛クリームは脱毛後1週間でチクチクし始めますし、カミソリは濃い方だと2日でチクチクします。

しかし、ブラジリアンワックスは、毛が生えてくるまでに1か月はかかるのでその間脱毛する事がなくなります。そう考えるとブラジリアンワックスのほうが脱毛回数も減り毛が薄くなるのでお勧めなのです。

脱毛先生
ただ除毛クリームやカミソリに比べて粘着力で脱毛するため肌に与える負担が多いですが、毛根から抜くため毛穴が部分が黒くなる心配はありません。

では副作用はあるのでしょうか?

副作用について

ブラジリアンワックスは、薬のように体内に入れて脱毛するわけではありません。肌にワックスを付け脱毛するため、副作用はありません。副作用というよりも肌トラブルのほうが可能性は高いと言えます。

脱毛先生

考えられる肌トラブルとして

● 粘着力が強すぎて内出血を起こす

● 肌荒れ、炎症を起こす

が考えられます。

こちらは市販されているセシールブライズワックスで脱毛した際にこのように内出血を起こしてしまいました。このように製品の粘着力が強い場合は肌トラブルを起こしてしまうので注意した方がいいでしょう。

また同じ個所を2回以上脱毛した際も起こりやすいと言えます。このことに注意すればまず肌トラブルになることはほとんどないでしょう。

市販商品には注意しよう

実は私自身たくさんの脱毛商品を使用していますが、市販商品は肌トラブルを起こすことが多いため注意する必要があります。

脱毛先生
現に私も除毛クリームでも肌トラブルを起こしたことがあるのであまりお勧めしません。

こちらがその時の状況になりますが、このように脱毛後肌が赤くなってしまいました。また少しひりひりしてしまうのであまり市販商品はオススメしません。

脱毛先生
私の場合は合いませんでしたが、すべての方が合わないというわけではないので、それでもいい方は使ってみるといいでしょう。

痛みはある?

では痛みはあるのでしょうか?もちろん痛みもあります。1回目はうっというほどの痛さになります。しかし、2回目以降の脱毛は毛が成長していない状態で脱毛するため1回目に比べて痛みは少ないです。痛いのは1回目と覚えておくと脱毛しやすいでしょう。

脱毛先生
2回目脱毛する際は1cm以上伸ばさないと脱毛できないので毛が伸びるのを放置するのは嫌ですが、我慢をして1cmの伸ばすようにしてください。そうしないとワックスの粘着力で脱毛することができません。

利用した体験談

こちらの写真は脱毛する前の状態になります。ここから2か月放置した状態が次のようになります。

見てわかるように脱毛後2か月放置した状態なのですが、毛がほとんど生えていません。この状態であれば2回目脱毛するのが楽ですが、このまま放置してしまうとまた元の状態に戻ってしまうので繰り返し脱毛しないといけません。

まとめ

今回「ブラジリアンワックスで脱毛する際、副作用や痛みはあるの?」についてご紹介しましたが、副作用はありませんが、製品によっては肌トラブルを起こすことがあります。また痛みはありますが1回目が痛いと考えたほうがいいでしょう。

またブラジリアンワックスは、ほかの脱毛商品と違い、脱毛すると1か月は脱毛しなくていいのでお勧めですので脱毛したことがない方は試してみるといいでしょう。

                  11  

コメント