【体験談】ブラジリアンワックスのアフターケアで埋没毛や肌トラブルを抑える

ブラジリアンワックスについて

ブラジリアンワックスを使用後、アフターケアはちゃんとしていますか?アフターケアをしないと肌トラブルを起こしたり、埋没毛、毛穴が赤くなったりとしてしまいます。こうならないためにもしっかりアフターケアをしてください。このことについてご紹介したいとおもいます。

ブラジリアンワックスのアフターケアで埋没毛や肌トラブルを抑える

3

ブラジリアンワックスは製品の粘着力で毛を抜く方法になります。そのため毛を抜いた部分から菌が入り肌トラブルになることも多いです。

ここでアフターケアをすることで未然に肌トラブルを防ぐことができます。そもそも埋没毛にはなぜなるのでしょうか?

埋没毛は、抜いたけの表面の皮膚が修正され、閉じてしまいます。皮膚表面が閉じることで下から生えてきた毛が表面に出ることができず、皮膚下で毛が伸びてしまい黒く見えてしまうのです。このことを色素沈着と言います。

こうなると出てくるのを待つか、毛抜きで無理やり出すかになってしまいます。埋没毛をさせないためにもアフターケアをすることで抑えることができるのです。

埋没毛ケアをするために角質落とす必要があります。しかし、できれば皮膚を刺激してしまうと色素沈着(表面の皮膚が修正される)につながってしまいますので、あまり触らないようにやさしくなでるのがコツです。

角質落とし効果がある商品を使用する

Baidu IME_2016-4-11_0-46-20

また角質を落とす商品として、パイナップル豆乳ローションも効果的と言われています。パイナップル豆乳ローションはマンダリンオレンジ果皮エキスが入っており、この成分は古い角質を落としたり、汚れを落とすことで皮膚表面を整えてくれます。

この成分のおかげで角質が閉じることなく、毛が出やすくなり埋没毛にならないのです。またこのパイナップル豆乳ローションには抑毛効果もあり、除毛した後につけることで毛が薄くなったり生えにくくなることで、脱毛回数が減るとも言われています。

まとめ

● 抑毛「パイナップル豆乳ローション」の体験レビュー

このようにブラジリアンワックスで脱毛して終わりではなくアフターケアもしっかりしないと埋没毛などの肌トラブルを起こしてしまうので、十分注意しましょう。

またブラジリアンワックスをした後は毛穴が開いた状態になるのでお風呂につかってしまうと菌が入りやすく炎症してしまうので、シャワーのみにしてください。

                  11